上ノ空から発行予定のビジュアルブック『Ribbon』がクラウドファンディング挑戦中!

 上ノ空からの出版第2弾が決定しました。イラストレーター利光春華(としみつはるか)さんの初出版となるビジュアルストリーブック、『Ribbon(リボン)』です。
 今回はクラウドファンディングで応援をつのることに挑戦し、その後、先行発売を行う予定です。
 クラウドファンディングは、2017年8月9日(水)18:00~10月31日(火)、GREEN FUNDING(グリーンファンディング)にて実施。

https://greenfunding.jp/lab/projects/1947

 利光さんは、2017年TOYOTAオフィシャルカレンダー(なんと300万部発行!)が大評判の気鋭のイラストレーター。彼女が描く圧倒的にかわいくて夢のような世界は、広告・イラストレーションの業界ではすでに引っぱりだこ。そんな利光さんの魅力を「一冊の本」にまとめることで、もっともっと多くの人に届けたいと願っています。
 みなさま自身への、また大切な方へのプレゼントに、『Ribbon』を贈っていただけましたら何よりしあわせです。

    *     *     *     *     *  

※以下、クラウドファンディングの紹介ページに寄せた原稿の一部
****************************************************

― ぼくたちは見つけたい ―

 ときどき思うのです。誰が岡本太郎や草間彌生になって、誰がそうなれないのか、と。
 すごい目利きの画商とかキュレーターがいて、若いクリエイターに「きみは素晴らしい才能を持っているから、私がきみを世に売り出してあげよう」なんて言って、成功の階段を用意してくれるのでしょうか?
 そういうこともあるかもしれませんが、今の時代、なんだかあやしい気もします。
 ぼくたちは、誰か(権威のある人とか、その分野の専門家)が見つけて用意してくれた才能ではなく、ぼくたちの目で、肌で感じて、「これ、いい!」って素直に思えるものを見つけたいのではないでしょうか。利光さんの作品は、ぼくにとってそういうものでした。
 そして、このクラウドファンディングという場所は、ぼくたちが自らそうした才能を見つけ、愛でることのできる得難い場所だと感じています。
 だからこそ多くの人に“あなたの利光春華”を見つけてほしいと願っているのです。
(中略)
 仕事柄、出版業界の変化を見つづけてきましたが、昨今、商業出版のむつかしさは一段と増してきています。作家は失望し、編集者は疲弊し、出版社は焦燥し、書店は苦悩しています。出口の見えない状況の中で、みな一様に苦しんでいます。
 そんな中、クラウドファンディング出版という仕組みは、ひとつの光明だと感じているのです。前述のように、今や、スターもコンテンツも表現も、誰かがつくって与えるものでなく、みんなが見つけて、みんなで育てて、みんなでよろこびを分かち合うものになってきていると思います。
 今回、そうした挑戦ができることをとてもしあわせに感じつつ、だからこそ、何としても成功させたいと強く願っています。ぜひ、みなさまのお力添えをいただけますよう。
 利光春華を見つけてください。そしてあなたとRibbonを結んでください。どうか。
 
――上ノ空 代表 横里隆
****************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA